軒の作り方

軒(のき)が深い家は、家の寿命が長くなる。

軒とは、屋根の出幅を言います。

外壁の位置より深く屋根が掛かると、家全体に深く影が落ちて重厚感がより強調出来て、

外壁に雨を当てにくく出来ます。

大気中には多くのホコリと油が浮遊しており、雨によって外壁に汚れを付けていきます。

家を永くキレイに保つためにも軒を深く出し、外壁に雨を当てない工夫も大事なこと。

せっかく良い家を建ててもすぐに汚れたり痛んだりするのは悲しいですよね。

モデルハウスも、完成見学会でご見学出来るお住まいも、軒の深さにはこだわりがあります。

ぜひモデルハウスにご来場ください。見れば納得ですよ。

軒のつくりかた。
最近は軒のない家が目立ちます。本当にそれでいいのかと、かんがえてしまいます。
というのも、デザインはシンプルになり、表情を作るのは向いていると思います。が、
日本の気候で本当にいいのでしょうか。
昔の家の軒の出というのは、非常に長くとられています。
それは、夏の日差しは多様高度が高いため、しっかりとさえっぎってくれます。が、
冬の日差しは太陽高度がひくくなるので、その態様は中に招き入れてくれるのです。
また、台風がおおい日本の気候では、アマ風も防ぎ、家本体を守ってくれるというメリットもあります。

PR:岐阜の不動産SHOPで土地探し